知覚過敏を歯科で治す

歯科で知覚過敏を予防

歯科の治療と予防の方法

知覚過敏とは、歯の表面を覆うエナメル質が何らかの原因で傷つき、象牙質が露出することで刺激に反応してしまう症状です。原因を調べて症状を改善させ、さらに再発を予防するためには歯科で医師の診察を受けることが大切になります。歯科で知覚過敏と診断された時、選択されることが多いのが歯の表面に薬に塗布する治療法です。露出した象牙質を薬でカバーすることで、歯がしみるといった症状を抑えます。他にも薬ではなく、象牙質を覆うコーティング材を直接用いる治療法もあります。薬を塗布する治療を歯科で受ける場合、複数回に塗布しなければ十分な効果が得られない場合がほとんどです。しかし永久に治療を続けなければいけないわけではなく、薬での治療中に歯の再石灰化が進み、エナメル質が修復できれば知覚過敏が治る可能性もあります。知覚過敏が治ったあとも、再び症状が現れないために歯科では予防も行っています。知覚過敏の最も大きな原因とされているのが歯ぎしりで、疲労やストレスなどの要因で眠っている間に強い力が歯にかかるのが特徴です。直接歯ぎしりを治すのは難しいですが、夜間の歯ぎしりから歯を守る専用のマウスピースを使用し、歯ぎしりによるエナメル質の破壊を予防する治療を行います。

↑PAGE TOP

Menu