• トップ /
  • 歯科で歯周病対策をする

歯周病対策と予防について

歯科で歯周病対策をする

歯科で予防したい症状とは

歯科で予防したい歯周病は、30代くらいから特に注意が必要になってきます。毎日歯を磨いていても、年齢を重ねるほど口内環境は悪くなっていくものです。若いころは大丈夫だったから、将来も大丈夫とは言えません。歯科で歯周病を予防することは、生活習慣病対策としても役立つのです。自分の歯で食べることは健康維持の基本であり、噛むことで消化吸収性を高めることができます。噛めなくなると食べ物が制限されてくるので、早めに歯科で歯周病予防をして元気な歯を維持してください。硬いものを食べることは顎の健康に役立ちますし、唾液分泌を正常にする役割もあります。やわらかい食べ物ばかり食べていると、歯垢が付着しやすくなるので注意してください。歯垢は口内細菌の塊ですから、増えるほど歯周病のリスクは高くなります。歯垢が歯石になると歯ブラシで落とせないので、歯科で歯石除去やクリーニングを受けてください。歯に石灰状の物質が溜まっているようなら、それが歯石だと考えてよいでしょう。ステインという着色汚れよりも頑固であり、自力で除去するのは無理です。歯石除去やクリーニングを定期的に受けて、歯周病を予防していきましょう。その上で正しいブラッシングでプラークコントロールをしてください。

↑PAGE TOP

Menu