• トップ /
  • 予防重視の歯科で定期検診の習慣

定期検診と歯科予防について

予防重視の歯科で定期検診の習慣

予防歯科で検診と指導を受ける

歯科医院というと、治療の必要が生じた時に通う病院ととらえる方が多いのですが、先進国の欧米などでは予防のために通うという考えが早くから主流です。日本でも、最近では口の中の健康を維持するために歯科医院に通う方が増加しといてそのニーズに合わせて予防指導に力を入れる歯科医院も急増しています。予防指導を重視する歯科医院では、定期検診の重要性を伝えています。定期検診は、患者さんごとに一番適した間隔を医師がアドバイスをしています。虫歯になりやすい子供では間隔を短く、リスクの低い方では少し長めの間隔でといった具合です。予防歯科の定期検診では、虫歯や歯周病、歯肉炎の有無のチェックと歯磨き指導、クリーニングがメインに行われます。定期検診を受けていれば、虫歯や自覚症状がない歯周病を早期の段階で見つけることが可能で、その結果通院回数や費用といろいろな面で患者さんの負担が少ない治療で済む可能性が高くなります。虫歯や歯周病の予防の基本は、毎日のプラークコントロールつまり歯磨きですが歯の形や歯並びは一人一人異なり最適な磨き方もそれぞれです。定期検診では患者さんごとに適した磨き方の指導をしていて、フロスや歯間ブラシなど補助具の使い方も教えてもらえます。クリーニングはPMTCと呼ばれる専門的なお掃除で、虫歯や歯周病の原因菌のコロニーであるプラークや歯石を隅々まで取り除き虫歯リスクの低減につながります。

↑PAGE TOP

Menu